木と漆のある暮らしを提案する 

【入荷しました!】奥出雲 桜の塩漬け 『舞』

島根県奥出雲地方に、地元の人々に愛される桜並木があります。
地域に根ざし、桜染めを手掛ける小さな「木の花工房」が、毎年数量限定で作る桜の花の塩漬け。

花の開き具合を見ながらひとつひとつ丁寧に摘んで、そのあとまたひとつひとつ手作業で選別。
その細やかさに心から感動しました。
手作業だから仕上がりの花も綺麗。
塩抜きもいらない適度な塩梅がまた最高に美味しいのです。

なぜこんなにも美味しく、美しいのか。
それは、工房の人々が地元の桜を愛しているから。
大切な桜を最高の状態で届けたい。そんな愛情のあらわれなのです。

2-3合のお米を炊いて一瓶そのまま混ぜれば、あっという間に春を祝う桜ごはん。もちろん刻んで一緒に炊きこんでもOK。桜のいい香りが炊いている間にも漂います。
1-2房を湯呑に入れてお湯を注げば桜茶に。
その他お料理にお菓子に、和洋問わずお楽しみください。

桜の季節はもちろんのこと、「花開く」の意味から、祝いごとや嬉しいときに。
そして花開くことを願うときに。


内容量: 1瓶 20g入り 2-3輪の花がついた房が20個程度入っています。
賞味期限: 平成30年7月10日
製造者: 木の花工房(島根県雲南市木次町)

¥ 540

SOLD OUT

大変申し訳ありません、こちらの商品は完売いたしました。詳細についてこちらよりお問い合わせください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料900円が掛かります。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog
    • ネットショップを開設するならBASE
    • shopping cart